注目の集まる自宅葬のメリットとデメリットは?

2019年11月22日

家族葬・お葬式

一般的な斎場に葬儀を手配するのが主流となっている現代ですが、今、自宅葬というあり方が見直されています。「自宅葬は大変」という印象が強い方も多いかもしれませんが、実は、家族葬が主流となった現代では、そうでもないのです。今回は、近年の自宅葬のメリットとデメリットについてご紹介します。

 

自宅葬のメリット

自宅葬のメリットは、大きく4つ挙げることができます。
・時間
斎場を借りると、決められた時間の中で式を行わなければいけないため、故人との別れをゆっくりと過ごすことができます。
・移動
斎場は郊外にあることも少なくないため、移動が大変になるケースがあります。弔問にご近所の方が来てくださるときも、バスの手配などの必要がなくなります。
・費用
斎場を借りるための使用料や人件費が低く抑えられるので、遺された方の金銭的負担が減ります。
・気持ち
葬祭場よりも自宅のほうが、よりリラックスして葬儀に臨むことができます。また、故人を自宅で見送ることができるという点も、ご遺族の気持ちに寄り添える式の形にできるのです。

 

自宅葬のデメリット

自宅葬のデメリットも、大きく4つ挙げることができます。
・役所への申請などの準備
葬儀社に代行してもらえることの多いご遺影や棺の手配、死亡届の役所への提出などは、自宅葬の場合、ご遺族が主体となって動かなくてはいけません。
※かながわセレモニーサポートなら対応可能!
・自宅の清掃
祭壇を設営し弔問客を迎えるために、自宅をよく掃除して、空間を開けておく必要があります。
※かながわセレモニーサポートなら対応可能!
・葬儀当日の接待
受付や食事の提供など、斎場が手配してくれるような内容も、ご遺族が対応することになります。
※かながわセレモニーサポートなら対応可能!
・近隣住民への配慮
自宅葬では、多くの方が喪服でご自宅に出入りされます。また、読経の声や霊柩車などによって、近隣にお住いの方が驚くこともあるでしょう。事前に自宅葬を行う旨をお知らせすることで、トラブルは回避できますが、これもご遺族には負担になってしまいます。
※かながわセレモニーサポートなら対応可能!

 

自宅葬にするべきか?結論は?

・家族葬なら自宅で最期の時間を共有できるいい方法
自宅葬の最大のメリットは、ご遺族と故人の最期のひと時を、時間に縛られることなく、ゆっくりと過ごすことができる点にあると思います。弔問客を少数にすることが出来るのであれば、より納得のいく別れができるのではないでしょうか。
・一般葬には向かない
会社関係の弔問客が多くいらっしゃるような場合、自宅葬にしてしまうと、ご遺族の負担はかなり増えてしまいます。ご葬儀の規模を大きくするのであれば、葬儀社に一任して、斎場を借りたほうがいいと思います。
・コスト面では一長一短
費用の面では、自宅葬がやはり安価に抑えらえるというのが一般的です。しかし、その分だけ、ご遺族が手配しなければならないものの数や手順も相当増えてしまいます。大切な方がお亡くなりになって精神的に疲弊されている中で、短時間に多くのやるべきことがありますので、ここの価格差については、代行してもらえる手間賃であると考えてもいいでしょう。

家族葬・お葬式

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

人気の記事

かながわセレモニーサポートについて

ご存じですか?80%の方が事前準備をされずお葬式に不満を感じたという統計もあります。ご存じですか?80%の方が事前準備をされずお葬式に不満を感じたという統計もあります。