生活保護受給者でも葬儀はできる!鎌倉市の生活保護葬について解説

2021年6月14日

鎌倉

 

葬儀費用は規模や地域によって異なりますが、一般的に火葬式の場合は20万円前後、家族葬の場合は100万円前後かかります。生活保護受給者や生活困窮者にとって、まとまった葬儀費用を捻出することは非常に困難といえるでしょう。そんな方々に知っていてほしいのが「困窮者は葬儀費用扶助を利用して葬儀を行うことができる」ということです。この記事では、鎌倉市にお住まいの方に向けて生活保護葬の基本知識を解説していきます。

 

生活保護葬(葬祭扶助)とは?

生活保護葬

葬祭扶助制度とは、どうしても葬儀費用を捻出できない状況にある人に対して、生活保護法の第18条に基づいて葬儀費用が支給される制度です。

 

生活保護法第18条の条文がこちらです。

 

生活保護法 第18条

葬祭扶助は、困窮のため最低限度の生活を維持することのできない者に対して、左に掲げる事項の範囲内において行われる。

一 検案

二 死体の運搬

三 火葬又は埋葬

四 納骨その他葬祭のために必要なもの

 

左に掲げる場合において、その葬祭を行う者があるときは、その者に対して、前項各号の葬祭扶助を行うことができる。

一 被保護者が死亡した場合において、その者の葬祭を行う扶養義務者がないとき。

二 死者に対しその葬祭を行う扶養義務者がない場合において、その遺留した金品で、葬祭を行うに必要な費用を満たすことのできないとき。

 

要約すると、葬儀を行う人が最低限度の生活を維持することも困難な困窮状態にある場合に、最低限の葬儀をするための費用が扶助されるという制度です。

 

条文によれば葬祭扶助の対象は「生活保護受給者」ではなく「困窮のため最低限度の生活を維持することのできない者」となっています。生活保護受給者であるかどうかに関わらず、困窮状態にある人は葬祭扶助制度を利用することができるということになります。

 

しかし「困窮のため最低限度の生活を維持することのできない者」の判断基準は法的に決まっているわけではありません。困窮状態は福祉事務所の担当者が判断することになります。困窮状態を判断することが非常に困難であるため、現状では申請者もしくは亡くなった方が「生活保護受給者であるかどうか」が主な判断基準となっていると考えられます。また、判断は各自治体にゆだねられますので、一概に葬祭扶助制度を受けられるとは言い切れません。葬儀社によっては、生活援護課の職員らとの交渉をサポートしてくれる場合もありますので、葬儀社選びがカギになるでしょう。

 

 

生活保護葬ではどのような葬儀が行われるの?

生活保護葬で行われるのは必要最低限の葬儀となっています。必要最低限の葬儀とは、火葬のみの葬儀(直葬)を指しています。葬祭扶助を利用して行われる葬儀では、通夜や、葬儀、告別式といった「一般的な式」を行うことはできません。香典返しや料理などの費用も扶助の対象外となっています。

 

そのため葬祭扶助の対象となるのは火葬に必要な最低限の部分になります。葬祭扶助が適用されるのは下記の通りです。

 

・遺体搬送料

・死亡診断書の発行費

・遺体安置の費用(ドライアイス・安置料)

・棺

・火葬場使用料

・骨壺

 

鎌倉市での生活保護葬の申請

葬儀社スタッフ

申請者が鎌倉市に住んでいる場合、鎌倉市役所にて申請を行います。例えば他県に住んでいる親族が亡くなった場合、申請者(葬儀を執り行う人)が鎌倉市在住であれば、申請は鎌倉市で行います。鎌倉市役所の鎌倉市福祉事務所生活福祉課にて申請を行うことができ、受付時間は平日8:30~17:15となっています。

 

鎌倉市 福祉事務所 生活福祉課

住所:鎌倉市御成町18-10

電話番号:0467-61-3972

受付時間:平日8:30~17:15

 

鎌倉市での生活保護葬の流れ

1.臨終

葬儀社に葬祭扶助を利用したいという旨を伝え、葬儀を依頼します。事前相談をしておくとスムーズです。

 

2.搬送・安置

ご遺体を自宅または安置所へ搬送します。

 

3.葬祭扶助申請

鎌倉市福祉事務所生活福祉課にて葬祭扶助申請を行います。申請が認められた場合にのみ、葬祭扶助を利用した葬儀を行うことができます。

 

4.葬儀社と打ち合わせ

葬祭扶助を利用した葬儀について葬儀社と打ち合わせを行います。火葬場の予約なども行います。

 

5.火葬

鎌倉市内には火葬場は無く、火葬は近郊の横浜市南部斎場(横浜市金沢区)や藤沢聖苑(藤沢市)などで行われます。

 

当日は火葬炉前にて最後のお別れとなります。火葬中はロビースペースや控室にて待機します。

 

6.納骨

火葬後、遺骨を骨壺に納め故人とお別れをし、火葬場で解散となります。

 

まとめ:生活保護葬でも納得のいく葬儀を執り行うために

生活保護葬は「必要最低限の葬儀」ですが、必要最低限とはいっても、故人とのお別れの時間を過ごすことができます。故人が好きだったものや、思い出の品を棺に納めることも可能です。通常の葬儀に比べ、大きく異なるのは「通夜」と「告別式」がないということです。「お通夜」や「告別式」を行うことができなくても、故人の遺志を尊重し、後悔しない時間を過ごすことができるかどうかが大切です。

 

また、限られた時間や費用の中で、できるだけ納得のいくお別れができるように提案をするのが葬儀社の仕事です。かながわセレモニーサポートでは、遺族の方の負担が軽減されるよう各自治体の生活援護課の職員等との交渉のお手伝いもしておりますので、お気軽にご相談ください。事前相談いただくことでより納得のいく葬儀を執り行うことができます。鎌倉市で葬祭扶助を利用した葬儀をお考えの方は鎌倉市での葬儀のプロ・かながわセレモニーサポートへ。

鎌倉

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

人気の記事

かながわセレモニーサポートについて